結婚指輪としてお勧めできる材質!!3選!

ゴールドが一番人気です

結婚指輪としては、まずはゴールドが人気です。金、と言うのが色としても見栄えがありますし、また劣化をしないのでかなり良い材質であるといえます。ゴールドは人類が見出してから価値がゼロになったことはないです。極端に価値が下がったことも少なく、今尚、しっかりとした価値があります。その為、資産価値の保存方法としても人気があります。結婚指輪としては、ゴールドが一番人気であり、良い材質であると言えるのは間違いないです。

プラチナも人気があります

プラチナも確たる人気があります。白金と呼ばれる貴金属であり、白い光を反射するのでゴールドよりも見栄えがないと考える人もいますが、各たる人気があります。ゴールドにも言えることですが、工業用品にも使われます。特に排気ガスの触媒に使われることがあるので、価格が工業生産に合わせて高騰するので、資産価値の保存の方法としての材料ではそこまでよくないです。しかし、貴重な金属であることは確かです。プラチナも確たる貴金属といえます。

シルバーはそこまで人気がない

シルバーも貴金属ではありますが、あまりにも安すぎます。銀は一気に価値が下がった経緯もありますから、結婚指輪としてはそこまで人気がないです。ダイヤモンドなどをつけて、ということであれば問題はないですが、シルバーのみは殆どないといっても過言ではないです。それに銀は錆びます。ですから、基本的には結婚指輪としては相応しくないです。貴金属は意外と種類が少なく、その中でも結婚指輪に見合うのはゴールドとプラチナであると言えます。

結婚指輪は、一般的に左手の薬指にはめる結婚の誓いの意味がある指輪で多くの男性が女性に贈ります。また、最近では2人でオリジナルな指輪を作ることができるサービスもあり世界に1つしかないので人気があります。